サッカードイツ代表ノイアー、スロバキア戦も楽観視せず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サッカードイツ代表ノイアー、スロバキア戦も楽観視せず

スポーツ 短信

マヌエル・ノイアー 参考画像(2015年10月11日)
  • マヌエル・ノイアー 参考画像(2015年10月11日)
サッカーのドイツ代表は6月26日、欧州選手権決勝トーナメント1回戦でスロバキアと対戦する。FIFAワールドカップ(W杯)との二冠を目指すドイツは、GKのマヌエル・ノイアーが会見に臨んだ。

5月30日の国際親善試合でも対戦した両チーム。そのときはドイツが1-3で敗れている。ノイアーは「親善試合で対戦した。彼らのことは分かっている」と話した。

「もちろんこの試合とはまったく別物だ。これはノックアウトゲームだからね。僕らはこの試合に向けてよく準備ができていると思う。準々決勝に進みたいから、できるだけ早く試合を決めるようにしたい。

ドイツの勝利を予想する声も多いが、ノイアーはスロバキア戦を楽観視してはいない。

「ひとつの試合のなかで何でも起こり得ると僕らは心得ている。どんな相手も軽んじたりしない。大会に残っているすべてのチームが、ここにいるにふさわしいということだ。あらゆる相手を真剣にとらえるし、相手がどこだろうと関係ない」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top