荒川静香、スケート靴を脱ぐ日まで頑張る「最後の日をどう迎えるかも大きな夢」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

荒川静香、スケート靴を脱ぐ日まで頑張る「最後の日をどう迎えるかも大きな夢」

フィギュアスケーターの荒川静香さんが6月21日、スキンケアブランドのSK-IIのイベント「SK-II DREAM AGAIN ~もう一度夢を見よう」に登壇し子どもの頃の夢を振り返った。

スポーツ 選手
SK-IIが新キャンペーンを記念したイベント「SK-II DREAM AGAIN ~もう一度夢を見よう」を開催(2016年6月21日)
  • SK-IIが新キャンペーンを記念したイベント「SK-II DREAM AGAIN ~もう一度夢を見よう」を開催(2016年6月21日)
  • SK-IIが新キャンペーンを記念したイベント「SK-II DREAM AGAIN ~もう一度夢を見よう」を開催(2016年6月21日)
  • SK-IIが新キャンペーンを記念したイベント「SK-II DREAM AGAIN ~もう一度夢を見よう」を開催(2016年6月21日)
  • SK-IIが新キャンペーンを記念したイベント「SK-II DREAM AGAIN ~もう一度夢を見よう」を開催(2016年6月21日)
  • SK-IIが新キャンペーンを記念したイベント「SK-II DREAM AGAIN ~もう一度夢を見よう」を開催(2016年6月21日)
  • SK-IIが新キャンペーンを記念したイベント「SK-II DREAM AGAIN ~もう一度夢を見よう」を開催(2016年6月21日)
  • SK-IIが新キャンペーンを記念したイベント「SK-II DREAM AGAIN ~もう一度夢を見よう」を開催(2016年6月21日)
  • SK-IIが新キャンペーンを記念したイベント「SK-II DREAM AGAIN ~もう一度夢を見よう」を開催(2016年6月21日)
フィギュアスケーターの荒川静香さんが6月21日、スキンケアブランドのSK-IIのイベント「SK-II DREAM AGAIN ~もう一度夢を見よう」に登壇し子どもの頃の夢を振り返った。

「たくさん子どもの頃には夢があった。パン屋や、ケーキ屋になることも。そのなかにオリンピックという目標があって、もっとも衝撃を与えてくれた大きなものだった。ひとつ叶ったけれど、子どもの頃はまだたくさんの夢をもってたかもな、と思いました」と荒川さん。今の夢について続ける。

「プロとしてスケートリンクの上で演技をしているので、スケートは楽しいということをひとりでも多くの方に伝えたいし、スケート靴を脱ぐ日まで、やっててよかったなと思えるまで頑張りたい。最後の日をどう迎えるかも大きな夢になる」

「あとは子供を立派に育てたいし、夢を応援したい。子どもの子どもを抱きたい。おばあちゃんになることも夢のひとつですね。生活のあちこちに、いくつも夢はもてるんだなぁと思い出しました」

荒川さんは全国の女性に対して、夢を見ることの大切さについてメッセージを発信した。

「夢は人生のどの時点からでも持ち始められるし、見つけられるものだと思う。夢を見つけてそれに向かって頑張ることで毎日生き生きと過ごせることが毎日の幸せにつながる。一歩を色々なことに踏み出してみることも大切だと思います」

荒川静香さん、舟山久美子さん、夢についてメッセージ

CYCLE-やわらかスポーツさん(@cycle_style_of_sports_and_tech)が投稿した動画 -

《大日方航》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top