ソーンダースが1試合3発、8打点でブルージェイズの勝利に貢献 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソーンダースが1試合3発、8打点でブルージェイズの勝利に貢献

スポーツ 選手

マイケル・ソーンダース(2016年6月17日)(c)Getty Images
  • マイケル・ソーンダース(2016年6月17日)(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
トロント・ブルージェイズは6月17日、敵地でボルティモア・オリオールズと対戦し13-3で勝利した。この試合でトロントのマイケル・ソーンダースが1試合3本塁打を記録している。

重量打線が売り物のブルージェイズは初回に1死一、三塁からソーンダースが先制の3ラン本塁打。三回にはジョシュ・ドナルドソンにもソロ弾が飛び出してリードを4点に広げる。

圧巻なのは四回だった。二塁に走者を置いてジャスティン・スモークが2ラン本塁打、その後2死となるが安打と死球で2点を追加し、ソーンダースが今度は3ラン本塁打。一挙7得点で11-2までリードを広げた。

ソーンダースは六回にも2ラン本塁打を放ち、5打数3安打、3本塁打、8打点の大当たりだった。

ソーンダースの活躍にファンからは、「ナイスハットトリック!」「昨季は怪我に泣かされた。今年は頑張ってもらいたいね」「見てて楽しいし、うれしい」などの声が寄せられている。

アメリカン・リーグ東地区はブルージェイズ、オリオールズ、ボストン・レッドソックスがわずかな差のなかにひしめく混戦。どこが最初に抜け出すか。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top