オリオールズの開幕連勝がストップ…レッドソックスが継投で逃げ切る | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オリオールズの開幕連勝がストップ…レッドソックスが継投で逃げ切る

スポーツ 短信

クレイグ・キンブレル(c)Getty Images
  • クレイグ・キンブレル(c)Getty Images
  • 野球ボール イメージ
ボストン・レッドソックスは4月13日、ボルティモア・オリオールズと対戦し4-2で勝利した。開幕から無敗が続いていたオリオールズの連勝が7でストップしている。

四回に2点を勝ち越したレッドソックスは継投でリードを保ち、九回に抑えのクレイグ・キンブレルがマウンドへ上がった。11日の対戦ではクリス・デービスに勝ち越しの3ラン本塁打を許したキンブレルだが、今回は三者三振で抑え今季2セーブ目をマーク。因縁の相手デービスからも三振を奪った。

連敗を3で止めたレッドソックスにファンからは、「オリオールズの連勝を止めたな。ここからさらに良くなっていこう」「昨日は泣いたが今日は笑うことができた」「今日はキンブレル良かったけど、彼の状態次第では上原のクローザー再昇格あるかもな」「ブルペンが安定してる」などの声が寄せられている。

この試合でレッドソックスの田澤純一は七回途中から登板して2/3回を無安打無失点に抑え、後を託された上原も1回を1安打無失点に抑えている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top