イチローに4257安打の記念品、セレモニーで二塁ベース贈呈 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

イチローに4257安打の記念品、セレモニーで二塁ベース贈呈

スポーツ 選手

イチロー 参考画像(2016年6月17日)
  • イチロー 参考画像(2016年6月17日)
  • イチロー 参考画像(2016年5月15日)
  • イチローが日米通算4257安打を達成(2016年6月15日)
  • イチローが日米通算4257安打を達成(2016年6月15日)
  • イチロー、4257本目の安打を放つ(2016年6月15日)
  • イチローが日米通算4257安打を達成(2016年6月15日)
  • イチロー 参考画像(2016年6月13日)
  • イチロー 参考画像(2016年6月3日)
マイアミ・マーリンズは6月17日、コロラド・ロッキーズ戦の前にイチロー外野手の日米通算4257安打を祝うセレモニーを開催、記念品の二塁ベースを受け取り観客からの歓声に応えていた。

15日のサンディエゴ・パドレス戦で九回に二塁打を放ち、日米通算でピート・ローズ氏の安打記録を抜いたイチロー。この記録の扱いについてはアメリカで議論になっているが、球団とファンはイチローのキャリアにおける重要なマイルストーンとして祝福した。

節目となる記録を達成したイチローには日米のファンから、「おめでとう、イチロー」「今度は3000安打だ!」「彼なら4000安打もできる」「このペースなら3000安打は7月中にクリアしてしまうな」「これからもイチ流でいてください」など祝福の声が多く寄せられている。

米国メディアは今のペースなら、メジャー通算3000本安打も7月中旬から下旬には達成すると予想。今後の安打量産にも期待がかかる。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top