日本ハム、中田翔の決勝弾で延長戦を制す…増井浩俊が3勝目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ハム、中田翔の決勝弾で延長戦を制す…増井浩俊が3勝目

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
日本ハムは6月15日、横浜スタジアムでDeNAと対戦。延長10回までもつれ込んだ接戦は、中田翔内野手が決勝弾を放ち3-2で勝利した。

0-0-で迎えた9回表、日本ハムは走者二塁の場面で、矢野謙次外野手が2点本塁打を放って先制。しかし9回裏、DeNAの主砲・筒香嘉智外野手に2点本塁打を浴びて同点とされる。それでも10回表、日本ハムは中田が値千金のソロ本塁打を放って勝ち越しに成功した。投げては守護神の増井浩俊投手が9回に2点を奪われるも、10回裏はDeNA打線を無得点に抑え、今季3勝目を挙げた。

これに対してファンからは、「増井は安定しないな~見ていて不安だもん。守護神として使い続けるのはどうかと思うよ」「まさかの9回からの一発劇場。矢野の一発で決まったと思ったら、筒香に打たれて…増井さんしっかり!」「翔くんのホームランで勝ったから最高!ドタバタしたけど、勝てばいいでしょ」「筒香が打ったのを見て、中田も燃えるものがあったんだろうな!」など増井の投球を不安視する声をはじめ、さまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top