広島、丸佳浩が決勝打…日本ハムとの接戦を制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広島、丸佳浩が決勝打…日本ハムとの接戦を制す

スポーツ 選手

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
広島は6月9日、札幌ドームで日本ハムと対戦。丸佳浩外野手の決勝打により、4-2で接戦をものにした。

広島は2回表、無死二、三塁の好機を作ると、鈴木誠也外野手が適時打を放って2点を先制。以降は好機を生かせずにいたが、8回表には丸佳浩外野手が適時打を放って待望の追加点。さらに鈴木の内野ゴロの間に1点を追加して4-0とした。日本ハムは8回裏、西川遥輝外野手がソロ本塁打を放つなど追い上げたが、あと一歩及ばなかった。

これに対して、「鈴木と丸が活躍したね!8回に点が入ったのは良かった。追加点がなくてちょっとイライラしていたから」「野村が復調傾向かな。今のところはマエケンの穴は感じさせていない。それで十分だ」「レアードの一発が出てほしかった」など、ファンからの声が寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top