ロナウド、アイスランド代表の戦い方を批判「何もトライしなかった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロナウド、アイスランド代表の戦い方を批判「何もトライしなかった」

スポーツ 選手

クリスティアーノ・ロナウド 参考画像(2016年6月14日)
  • クリスティアーノ・ロナウド 参考画像(2016年6月14日)
  • クリスティアーノ・ロナウド 参考画像(2016年6月14日)
  • 欧州選手権、ポルトガル対アイスランド(2016年6月14日)
ポルトガルは6月14日、サッカー欧州選手権(EURO)初戦でアイスランドと対戦し、1-1で引き分けた。前半に先制したがアイスランドから追加点を奪えず、逆に後半の失点で追いつかれ勝ち点3を逃している。

EURO初出場のアイスランド、ポルトガルから貴重な勝ち点1

この試合に対してポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、アイスランドの戦術を批判している。『SkySports』はロナウドの、「少しイライラさせられたね。僕らは勝利のためさまざまなことを試みたが、アイスランドは何もトライしなかった」という言葉を伝えた。

「彼らは90分間で2度チャンスを作り、ゴールも挙げた。しかし、それ以外の場面では全員がボールの後ろにいた。彼らは何ひとつトライせず、ただ守って、守って、守ってカウンター。彼らのための幸運な夜だったよ」

格下と見られた相手に不覚を取り、イラ立ちが隠せないロナウド。この発言にサッカーファンからは、「それもサッカーだ。勝てる戦術に文句をつけるのはお門違い」「アイスランドは素晴らしいサッカーをしたと思う。チームとしてよくまとまっていた」「イライラするのは分かるが、それがアイスランドにとって一番勝機のある戦い方だったんだろう」「スコアレスドローなら分かるけど、結局それで失点して引き分けなんだから言うだけカッコ悪い」など、弱者の戦術を擁護する声が多い。

Great support thanks

Cristiano Ronaldoさん(@cristiano)が投稿した写真 -

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top