男子プロテニス大会「軽井沢フューチャーズ」…韓国のイ・ダクヒが優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

男子プロテニス大会「軽井沢フューチャーズ」…韓国のイ・ダクヒが優勝

スポーツ 短信

男子プロテニストーナメントの「軽井沢フューチャーズ」が開催
  • 男子プロテニストーナメントの「軽井沢フューチャーズ」が開催
  • 男子プロテニストーナメントの「軽井沢フューチャーズ」が開催
  • 男子プロテニストーナメントの「軽井沢フューチャーズ」が開催
  • 男子プロテニストーナメントの「軽井沢フューチャーズ」が開催
  • 男子プロテニストーナメントの「軽井沢フューチャーズ」が開催
  • 男子プロテニストーナメントの「軽井沢フューチャーズ」が開催
ポルシェ ジャパンが初協賛した男子プロテニストーナメント「ポルシェ 軽井沢フューチャーズ」が、5月28日~6月5日に軽井沢会テニスコートで開催された。

「フューチャーズ」とは世界男子テニスツアーの下部トーナメント。フューチャーズで獲得したポイントを積み重ねることで、上位トーナメントへ出場する権利を得ることができる。今回のトーナメントは、シングル32名、ダブルス16ペアが出場した。

5日に行われた男子シングルスの決勝戦には、韓国のイ・ダクヒと日本の内山靖崇が進出した。イ・ダクヒは今大会第1シードで世界ランキング225位、内山は第2シードで世界ランキング286位。対戦は1時間40分の熱戦となった。

試合結果は7-6(5)、6-3でイ・ダクヒの勝利。今シーズン2勝目となる優勝を飾った。準優勝の内山は、前日のダブルス決勝戦に出場。オーストラリアのアンドリュー・ウィッティントンとのペアで、長尾克己・奥大賢ペアを下して優勝している。

イ・ダクヒは表彰式で、「日本の皆さんから多くの拍手を頂き、嬉しかった。内山選手、良い試合をありがとうございました」とコメント。内山は、「力不足で優勝できなかった。まだまだ足りないものがあると改めて感じた」と述べた。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top