ラグビー日本代表、カナダに勝利…最後は全員で守り切る | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ラグビー日本代表、カナダに勝利…最後は全員で守り切る

スポーツ 短信

ラグビー日本代表がカナダ代表に勝利(2016年6月11日)
  • ラグビー日本代表がカナダ代表に勝利(2016年6月11日)
  • ラグビー日本代表対カナダ代表(2016年6月11日)
ラグビー日本代表は6月11日、バンクーバーでカナダ代表とのテストマッチを行い、26-22で勝利した。日本は苦しい場面も多く作られたが、最後の最後でリードを守り切った。

日本は前半20分までに2トライ許し、3-12とリードを奪われる。苦しい展開だったが同33分、ラインアウトからモールを組み最後は木津武士がトライ。コンバージョンも成功して2点差まで追い上げると、終了間際にはペナルティゴールも決まり13-12で逆転する。

だが日本は後半5分、この試合3個目のトライを奪われ逆転されると、同13分には細田佳也が危険なプレーで退場。ひとり少ない状態での戦いを強いられた。

それでも底力を発揮できるのが今の日本代表。同29分に松島幸太朗がトライを決め再逆転、コンバージョンとペナルティゴールも成功して26-17までリードを広げた。

その後、日本はカナダに1トライ許し、終了間際にもゴールラインを割られる。だが身体を張ってグラウンディング(ボールを地面に着ける)は許さず逃げ切った。


《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top