アリエッタが7回2失点で10勝目、カブスは勝率7割をキープ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アリエッタが7回2失点で10勝目、カブスは勝率7割をキープ

スポーツ 短信

ジェイク・アリエッタ 参考画像
  • ジェイク・アリエッタ 参考画像
シカゴ・カブスは6月11日、アトランタ・ブレーブスと対戦して8-2の勝利を収めた。カブス先発のジェイク・アリエッタ投手が7回を4安打2失点に抑え、今季10勝目を挙げている。

前回の登板で昨季から続けていた無敗記録が途切れたアリエッタ。仕切り直しとなった今回の試合は、初回に失策で走者ひとり出すも無失点で切り抜ける。カブス打線は4本塁打でエースを援護。大量援護をもらったアリエッタはブレーブス打線を2失点に抑えた。

カブスの球団公式サイトは、この試合について『アリエッタがブレーブス相手に新たな連勝をスタートさせた』と伝えている。

完勝にカブスファンからは勝利を喜ぶ、「素晴らしいピッチングによる素晴らしい勝利。ここから再び記録を作っていこう」「今日は勝った。明日も勝つ。そしてシリーズ制覇だ」「今年はカブスの年になる」などの声が寄せられている。

盤石の先発投手陣に強力な打線。開幕から圧倒的な強さを見せつけるカブスは勝率7割を超え、2位のセントルイス・カージナルスを大きく引き離しナショナル・リーグ中地区で独走を続ける。

今年こそ悲願のワールドシリーズ制覇なるか。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top