ボート専用の多目的カメラ発売…セキュリティ対策や動画中継向け | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ボート専用の多目的カメラ発売…セキュリティ対策や動画中継向け

新着 製品/用品

ボート専用の多目的カメラ発売…セキュリティ対策や動画中継向け
  • ボート専用の多目的カメラ発売…セキュリティ対策や動画中継向け
  • ボート専用の多目的カメラ発売…セキュリティ対策や動画中継向け
  • ボート専用の多目的カメラ発売…セキュリティ対策や動画中継向け
  • ボート専用の多目的カメラ発売…セキュリティ対策や動画中継向け
  • ボート専用の多目的カメラ発売…セキュリティ対策や動画中継向け
  • ボート専用の多目的カメラ発売…セキュリティ対策や動画中継向け
  • ボート専用の多目的カメラ発売…セキュリティ対策や動画中継向け
  • ボート専用の多目的カメラ発売…セキュリティ対策や動画中継向け
ソルティアーツは、防犯カメラの開発・販売を手掛ける新鋭と共同で、ボート専用の多目的カメラ「ez-boat EYE(イージーボート・アイ)」を開発。2016年6月10日(金)に発売する。

「イージーボート・アイ」は、Wi-Fi環境を利用した多目的カメラだ。赤外線LEDの暗視や動作検知機能を搭載し、セキュリティ対策や動画中継に使用できる。激しい風雨や数分間の水没にも耐えられる防塵防水規格IP67に対応。カメラを固定する部品は、錆びが発生しにくいステンレス製を使用している。

船内には、Wi-Fiルーターを用意する。船体外部にイージーボート・アイを取り付けて専用アプリで設定すると、スマホやパソコンなどの端末とのP2P通信でカメラが撮る映像を簡単に確認できる。

カメラは100万画素で、映像品質を3段階で切り替え可能。船体に固定するため、揺れるボート上でも予想以上に滑らかな映像を撮影できる。カメラ内には、64GBのSDカードを内蔵。最大26日間の映像を30分刻みのファイルにして連続録画できる。

赤外線LEDの暗視、動作検知機能を搭載。後部デッキのキャビン入口の上にカメラを設置し、チルトダウンしておけば、夜間に不審者が侵入した際にスマホに通知したり、事件映像の録画ができる。電源は、DC(直流)12Vと24Vに対応。サイズは約220×76mm。

価格 33,000円(税・送料込)。販売は、同社通販SHOP「ユーデザイナーズ」、Amazon.co.jpなどで行う。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top