西武・菊池雄星、7回無失点の好投で快勝…浅村栄斗が満塁弾 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武・菊池雄星、7回無失点の好投で快勝…浅村栄斗が満塁弾

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
西武は6月1日、西武プリンスドームでDeNAと対戦。先発の菊池雄星投手が7回を無失点に抑える好投を見せ、7-0で快勝した。

0-0で迎えた6回裏、西武は満塁の場面で浅村栄斗内野手が満塁本塁打を放つなど一挙5点を奪う。続く7回には秋山翔吾外野手が2点本塁打を放って7-0とした。DeNAは先発の石田健大投手が5回までは無失点の好投を見せるも、6回に突如として崩れた。

これに対してファンからは、「好調石田を打ち込む西武打線。好調ホークス打線を抑える中日投手陣。交流戦面白い!」「ようやく左のエースとして覚醒したかも!」「石田も良かったけど、雄星が意地を見せてくれた!これからは勝ち越していけるように!」など、菊池の投球を称賛する声が寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top