イチロー、2四球も無安打…チームも最下位ブレーブスに敗れる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

イチロー、2四球も無安打…チームも最下位ブレーブスに敗れる

スポーツ 短信
イチロー 参考画像(2016年5月28日)
  • イチロー 参考画像(2016年5月28日)
マイアミ・マーリンズは5月28日、敵地でアトランタ・ブレーブスと対戦し2-7で敗れた。1番・右翼手で先発したイチローは3打数無安打、2四球だった。

マーリンズはクリスチャン・イエリッチ、ジャンカルロ・スタントンの外野手コンビが負傷で欠場中。ドン・マッティングリー監督は万全を期すため、ふたりの復帰は焦らない意向を示している。

この状況で先発出場が続くイチロー。出場機会があるうちに1本でも安打を積み重ねておきたいところだが、この日は失策、四球、四球、中直、二ゴロで無安打に終わった。チームも最下位のブレーブスに敗れている。

この試合にファンからは、「これだけミスすれば負ける」「負けるにしても負け方がひどい」「今日のプレーはファンとして恥ずかしい」「残念。明日は頑張れイチロー」などの声が寄せられている。

現在メジャー通算2961安打のイチロー。今季中の大台到達はあるか。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top