新パスポートデザインは「冨嶽三十六景」に決定…24作品が各ページに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

新パスポートデザインは「冨嶽三十六景」に決定…24作品が各ページに

ライフ 社会

次期パスポートの基本デザインに使用する冨嶽三十六景24作品 (画像出典:外務省 5月18日報道発表  次期パスポートの基本デザイン決定)
  • 次期パスポートの基本デザインに使用する冨嶽三十六景24作品 (画像出典:外務省 5月18日報道発表  次期パスポートの基本デザイン決定)
  • 次期パスポートの基本デザインに使用する冨嶽三十六景24作品 (画像出典:外務省 5月18日報道発表  次期パスポートの基本デザイン決定)
 外務省は5月18日、新しいパスポートの基本デザインを葛飾北斎の「冨嶽三十六景」とすることを発表した。見開きごとに「冨嶽三十六景」の24作品が採用される。国内外のネットユーザーからは、「今のデザインが貴重になるね」「私もこの(新しい)パスポートが良い」など、さまざまな声があがっている。

 時期パスポートのうち、表紙は現在と同様のデザインで変更はない。新調されるのは各ページで、見開きごとに「冨嶽三十六景」の各作品が採用される。全ページ、「神奈川沖浪裏」や「凱風快晴」など、24の異なる作品が使用されている。

 基本デザインの選定代表は海外通信・放送・郵便事業支援機構会長の高島肇久氏が務めた。高島代表を含め、有識者5名は準備会合を開催し、複数の候補について議論。結果、今回の決定に至った。

 デザインのコンセプトは「日本的なデザイン」。外務省によれば、各ページを異なるデザインとすることは偽変造対策にも有益である。次期パスポートの導入は、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催も踏まえ、その前年の2019年度中の導入が目標。基本デザインは現在、外務省のWebサイトですべて閲覧できる。
《佐藤亜希@リセマム》

編集部おすすめの記事

page top