ジロ・デ・イタリア開幕…地元オランダのデュムランが首位に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジロ・デ・イタリア開幕…地元オランダのデュムランが首位に

スポーツ 短信
ジャイアント・アルペシンのトム・デュムラン(オランダ)が初日を制して総合1位に
  • ジャイアント・アルペシンのトム・デュムラン(オランダ)が初日を制して総合1位に
  • マリアローザを獲得したジャイアント・アルペシンのトム・デュムラン(オランダ)
  • ジャイアント・アルペシンのトム・デュムラン(オランダ)
  • ジロ・デ・イタリア開幕…地元オランダのデュムランが首位に
  • ジロ・デ・イタリア開幕…地元オランダのデュムランが首位に
  • ジロ・デ・イタリア開幕…地元オランダのデュムランが首位に
  • ビンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ)は19秒遅れの16位
  • ファビアン・カンチェラーラ(スイス、トレック・セガフレード)は14秒遅れの8位
第99回ジロ・デ・イタリアは5月6日、オランダのアーペルドールンで距離9.8kmの個人タイムトライアルが第1ステージとして開催され、ジャイアント・アルペシンのトム・デュムラン(オランダ)が11分03秒のトップタイムで優勝。総合成績でも首位に立ち、ピンク色のリーダージャージ、マリアローザを着用した。

デュムランは平均時速53.212kmで走り、2位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア)と同タイムながら、コンマ1秒以下の計測タイムからトップになった。優勝候補のビンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ)は19秒遅れの16位、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)は24秒遅れの23位。

同大会がイタリア国外でスタートするのは2014年の北アイルランド・ベルファスト以来となる12回目。オランダは3度目で、前回は6年前のアムステルダム。母国に錦を飾ったデュムランは、「夢に描いていたことよりも素晴らしい現実だ。もちろんプレッシャーはあったが、昨年のツール・ド・フランスでもオランダのユトレヒトで開幕しているので、その経験値が大きかった」と大喜び。
「ボク自身のことだけでなく、チームとしても大きな功績だ。明日はマリアローザを着る喜びをしっかりと感じて走りたい」

日本からは山本元喜(NIPPOビーニファンティーニ)が初出場し、初日は1分30秒遅れの区間190位。同大会では7人目で、エースのダミアーノ・クネゴ(イタリア)をアシストしながら完走を目指す。
《山口和幸》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top