ロッテ、鮮やかな集中打で西武に快勝…二木が今季2勝目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテ、鮮やかな集中打で西武に快勝…二木が今季2勝目

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ロッテは4月27日、西武プリンスドームで西武と対戦。序盤は緊迫した投手戦だったが、ロッテが鮮やかな集中打を見せ、7-2と快勝した。

0-0で迎えた6回表、ロッテは走者をためると、指名打者・デスパイネが適時打を放って均衡を破る。続く満塁の好機には、角中勝也外野手が適時打を放って2点を追加。さらに、鈴木大地内野手にも適時打が飛び出し、一挙に5点を先制した。投げては、ロッテ・先発の二木康太投手が6回を投げて1失点の好投を見せ、今季2勝目を挙げた。

これを受けて、「新人王争いの超大穴が来そうでワクワクする」「この調子で日ハム三連戦も勝利していきましょう!」「二木投手の活躍と成長がこれからも楽しみですね!」「デスパイネがまた打ってくれた!打線に火をつけたね!今日はやっぱり二木かな!」など、二木の好投を称賛する声が相次いでいた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top