ナダル、錦織圭にストレート勝ち…バルセロナ・オープン9度目の優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ナダル、錦織圭にストレート勝ち…バルセロナ・オープン9度目の優勝

スポーツ 短信

ラファエル・ナダルがバルセロナ・オープン9度目の優勝(2016年4月24日)
  • ラファエル・ナダルがバルセロナ・オープン9度目の優勝(2016年4月24日)
  • ラファエル・ナダルがバルセロナ・オープン9度目の優勝(2016年4月24日)
  • 錦織圭 参考画像(2016年4月24日)
男子テニスのバルセロナ・オープンは4月24日、シングルス決勝戦が行われた。世界ランク6位で第2シードの錦織圭は、同5位で第1シードのラファエル・ナダルと対戦し4-6、5-7で敗れた。

大会3連覇を狙う錦織と、自らの最多記録を更新する大会通算9度目の優勝を目指したナダル。頂上決戦と呼ぶにふさわしい決勝は、第1セット第4ゲームで先にナダルが錦織のサービスをブレークする。直後の第5ゲームで錦織もブレークバックするが、終盤にミスから2度目のブレークを許し先にセットを奪われた。

第2セットは錦織が第1ゲームでブレークに成功。直後にブレークバックされるがキープを続け、マッチポイントもしのいでゲームカウント5-5まで持ち込む。しかし最後はナダルに突き放され3連覇を逃した。

ナダルは前週のモンテカルロ・ロレックス・マスターズに続いて2週連続優勝。クレーコートでのタイトル獲得数を49に伸ばした。これはギレルモ・ビラスに並ぶ史上最多タイ記録。

ナダルは試合後にツイッターを更新して、「あなたからのメッセージを読んでいます。コート内外での応援に感謝します。バルセロナで勝てて非常に幸せです」とコメントした。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top