香川真司が先制弾、ドルトムント3発快勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

香川真司が先制弾、ドルトムント3発快勝

スポーツ 短信

香川真司 参考画像(c)Getty Images
  • 香川真司 参考画像(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
日本代表MF香川真司の所属するボルシア・ドルトムントは4月23日、ドイツ・ブンデスリーガ第31節でシュツットガルトと対戦し3-0で勝利した。香川はフル出場で先制ゴールも決めている。

香川は前半21分、ヘンリク・ムヒタリアンが左サイドから上げたクロスを押し込み、敵地で先制弾を決める。ドルトムントは同45分にクリスチャン・プリシッチが追加点を決め突き放した。

後半に入っても攻め続けたドルトムントは後半11分、ムヒタリアンのゴールで決定的な3点目を奪い勝利した。

今季8ゴール目を決めた香川に、「見ていてワクワクする香川が戻ってきた」「少し連戦の疲労があるかもと感じたが、先制点のシーンはすばらしかった」「ドルトムント勝ったし、香川も決めたので満足だ」などの声が寄せられている。

ドルトムントは次節、4月30日に本拠地でヴォルフスブルクと対戦する。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top