アーセナル、4位後退…絶望的な優勝争いにベンゲル監督も落胆 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アーセナル、4位後退…絶望的な優勝争いにベンゲル監督も落胆

スポーツ 短信

アーセナルが4位後退(2016年4月17日)
  • アーセナルが4位後退(2016年4月17日)
  • アーセナル対クリスタル・パレス(2016年4月17日)
4月17日に行われたイングランド・プレミアリーグ第34節、アーセナルは本拠地にクリスタル・パレスを迎え1-1で引き分けた。後半36分に追いつかれたアーセナルは、勝ち点を60までしか伸ばせずマンチェスター・シティに逆転され4位に後退している。

優勝は絶望的となったクリスタル・パレス戦後、アーセン・ベンゲル監督は選手たちのプレーから自信が欠けていたと話した。

「高いポゼッションにも関わらず十分な数のチャンスを作れなかった。少しキレを欠いたし、ウェストハムの結果を受けて頭の中でやや自信が足りなかったと思う」

2点リードしながらアンディ・キャロルのハットトリックで勝ち越しを許し、何とか引き分けに持ち込んだ前節が選手たちのメンタルに影響したと見ている。

シャープネスが足りなかったし、ファイナルサードでのスピードも不十分だったと振り返ったベンゲル監督。タイトルレースについては、「夢を見る気持ちもなくなった。精神的なダメージから立ち直り次の試合の準備をしたい。これからは4位以上で終えるのが目標だ」と話した。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top