NTT東日本、男子バドミントン部の活動を停止 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

NTT東日本、男子バドミントン部の活動を停止

スポーツ 短信

桃田賢斗選手 参考画像(c)Getty Images
  • 桃田賢斗選手 参考画像(c)Getty Images
東日本電信電話は、男子バドミントン部所属選手の処分と男子バドミントン部の今後の活動方針を発表した。

同社は、いわゆる違法カジノ店にて、社員で男子バドミントン部所属選手計8名が賭博行為を行ったことについての調査を実施。事態の全容が明らかになったことから、処分内容を決定した。

処分内容は田児賢一選手が解雇、桃田賢斗選手は出勤停止30日。その他の賭博行為を行った社員は厳重注意処分となった。また、管理監督者である部長、副部長、総監督等スタッフについても厳重注意処分とした。なお、処分は同社の懲戒規程等に基づいて行われた。

男子バドミントン部については、複数名の社員が賭博行為を行ったことを重く受け止めて活動停止を決定。半年間、対外活動を自粛する。さらに、バドミントン部スタッフを刷新。管理監督責任を考慮して部長、副部長、総監督、監督を解任することを決定した。

同社は今後、スポーツ部全選手だけでなく一般の全社員に対し、研修内容の充実を図るなど社員教育を徹底していく。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top