日常を取り戻したベルギーに自転車で来て…都内自転車イベントで大使 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日常を取り戻したベルギーに自転車で来て…都内自転車イベントで大使

ライフ 社会

日常を取り戻したベルギーに自転車で来て…都内自転車イベントで大使
  • 日常を取り戻したベルギーに自転車で来て…都内自転車イベントで大使
  • ベルギー王国大使館のギュンテル・スレーワーゲン駐日大使
  • スタート前にベルギー大使やオランダ公使が記念撮影
  • ベルギー大使やオランダ公使も参加した
  • 皇居のパレスサイクリング
  • 東京駅の丸の内側は日曜日にはほとんど交通量がない
  • 日比谷公園でKLMオランダ航空のCAさんにスタンプをもらう
  • 愛宕山を貫通するトンネルを抜ける
首都ブリュッセルでテロ事件が発生して20日。ベルギー王国大使館のギュンテル・スレーワーゲン駐日大使が、「市民は自転車を楽しむ日常を取り戻しているので、日本のみなさんもサイクリングを楽しみに来て」とアピールした。

今回で4回目となるサイクリングイベント、「オランダ~ベルギー・フランダース in 東京散走2016」が4月10日に行われ、同大使がゴール後に参加者に向けて語った。

ベルギーは自転車競技が最も盛んな国で、歴史上最強の選手と言われるエディ・メルクスらを輩出。ツール・ド・フランスでもフランスの36勝に続く18勝を挙げている(3位はスペインの12勝)。春には激坂上りが波状的に待ち構える過酷なワンデーレースが開催される。
「先週は伝統レースのツール・ド・フランドルが例年のように開催され、大変な盛り上がりようだった」という大使。

「ベルギーはEU全体と協力しながら全力を挙げて安全策に乗り出している。人々は日常生活を取り戻し、自転車を楽しんでいる。自転車は健康で経済的。移動手段としても重宝する。ベルギーには自転車で走ると楽しいところがいっぱいある」
この日はオランダ公使などと一緒に都内をサイクリング。「東京を自転車で走るのも悪くないね」とご満悦だった。
《山口和幸》

編集部おすすめの記事

page top