阪神、12安打の猛攻で巨人に完勝…巨人は打線が沈黙 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神、12安打の猛攻で巨人に完勝…巨人は打線が沈黙

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
阪神は4月7日、東京ドームで巨人と対戦。打線が12安打の猛攻で巨人を圧倒。投打で圧倒した阪神が10-1で完勝した。

阪神は0-0-で迎えた4回表、福留孝介外野手が右翼に特大の2点本塁打を放って幸先よく先制。続く5回には、ゴメス内野手が適時打を放つなど一挙5点を奪って9-0とし、中盤で試合を決めた。投げてはメッセンジャー投手、高宮和也投手らのリレーで巨人打線を1点に抑えた。

これに対して、「とらほーメッセおめでとうございます!カード勝ち越し超嬉しい」「祝、メッセ初勝利!Gを圧倒しての勝ち越し!」「初勝利、おめでとう!よかったなあ…。ここまで負け越しがないのがすごいで!」「いい感じて甲子園行けますね~!」など、ファンからは巨人戦に快勝した喜びの声が多く寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top