「自転車と暮らす」がテーマの共同住宅、東京・二子玉川に登場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「自転車と暮らす」がテーマの共同住宅、東京・二子玉川に登場

ライフ 社会

「自転車と暮らす」がテーマの共同住宅、東京・二子玉川に登場
  • 「自転車と暮らす」がテーマの共同住宅、東京・二子玉川に登場
  • 「自転車と暮らす」がテーマの共同住宅、東京・二子玉川に登場
  • 「自転車と暮らす」がテーマの共同住宅、東京・二子玉川に登場
  • 「自転車と暮らす」がテーマの共同住宅、東京・二子玉川に登場
  • 「自転車と暮らす」がテーマの共同住宅、東京・二子玉川に登場
グローバルエージェンツは、"自転車と暮らす"をコンセプトにしたソーシャルアパートメント「NEIGHBORS二子玉川」を東京都世田谷区鎌田に5月1日からオープンする。

ソーシャルアパートメントとは、賃貸マンション内にラウンジを設置し、自発的なコミュニティー形成を促進させる共同住宅だ。ワンルームマンションともシェアハウスとも異なる新しい居住スタイルになる。NEIGHBORS二子玉川はグローバルエージェンツにとって35棟目のソーシャルアパートメントだ。

"自転車と暮らす"をテーマに感度の高い若者の入居者層を想定し、自転車をラウンジに乗り入れることができる仕掛けを導入した。また、最大15人が着席可能な円形のソファが特徴のシアタースペースを設置。天吊り型の120inch電動式スクリーン、サラウンドスピーカーを完備している。

24時間いつでも集中できるワーキングラウンジ、競技用のビリヤード台、屋外テラス、間接照明を中心に設計されたヒーリングスペースなども設置。ヒーリングスペースでは、大型のユニットバスやマッサージチェアなどが利用できる。

居室は全75戸。バス、トレイ、ミニキッチン付のスタンダード1Kタイプ。所在地は、東京都世田谷区鎌田3-14-4。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top