バイエルンで冷遇が続くマリオ・ゲッツェ、古巣復帰やリバプール移籍の噂も「なるようになる」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

バイエルンで冷遇が続くマリオ・ゲッツェ、古巣復帰やリバプール移籍の噂も「なるようになる」

スポーツ 選手

マリオ・ゲッツェ参考画像(2015年10月8日)
  • マリオ・ゲッツェ参考画像(2015年10月8日)
ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェには移籍の噂が絶えない。所属するバイエルン・ミュンヘンで出場機会が得られないためだ。

代表チームでは順調な活躍を収め、3月29日のイタリア戦でもゴールを決めた。だがクラブではジョゼップ・グアルディオラ監督の下、控え起用が続き地元記者も「冷遇」と伝える。

バイエルンは2013年、ボルシア・ドルトムントからゲッツェを引き抜いたが、もともと現場サイドから希望した獲得ではなかった。ライバルチームから中心選手を引き抜くという、フロント主導の移籍劇だったのだ。

それが気に入らないのか、グアルディオラ監督は意地でもゲッツェを使わない構えだ。

こうした状況にバイエルンの同僚フランク・リベリーは、「簡単な状況ではないが、彼が良いやつなのは知っている」とコメントした。

「練習の前や後も含めて、たくさんトレーニングを積んでいる。代表チームでもプレーして、試合に出場してゴールも決めた。小さなことではあるが、彼にとっては重要だ。彼のためにうれしく思っている」

古巣ドルトムントへの復帰や、恩師のユルゲン・クロップ監督が指揮を執るリバプール移籍などが噂されるゲッツェ。本人は地元メディアに「なるようになる」とだけ話し来季去就への明言を避けた。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top