第6回大阪マラソン、連続落選者枠を3倍に拡大 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

第6回大阪マラソン、連続落選者枠を3倍に拡大

イベント スポーツ

3万人ランナーで道路が虹色に「大阪マラソン2015」参考画像
  • 3万人ランナーで道路が虹色に「大阪マラソン2015」参考画像
大阪マラソン組織委員会は、2016年10月30日(日)開催の「第6回大阪マラソン」のランナー募集やチャリティプログラムに関する新たな取り組みを発表した。

ランナー募集に関する取り組みとして、連続落選者枠の拡大を行う。昨年の1,000人から3,000人に枠を拡大し、3大会連続落選者を優先的に抽選。当選のチャンスを広げる。この抽選に外れた場合、再度全体抽選の対象となる。種目はマラソン(個人)のみ。

第5回大会で実施された「なないろチーム対抗戦」を開催。同じチャリティカラーのランナーを色ごとのチームに分け、チームで完走者の平均タイムを競う。優勝チームには、スペシャル特典を進呈。さらに、優勝チーム完走者の中から、第7回大会への出場権を抽選で100人に進呈する。

また、4月5日(火)正午から市民アスリートの先行募集を1,000人先着順で実施。募集期間は、4月11日(月)17時まで。4月8日(金)10時からは、マラソンとチャレンジランのランナー募集を開始する。募集期間は5月10日(火)17時まで。

チャリティの取り組みでは、出場ランナー限定グッズとして「チャリティウィンドブレーカー」を新たに販売する。なないろチャリティTシャツ、なないろチャリティキャップ等のチャリティグッズは、全7色の中から複数選択が可能になった。また第5回大会に引き続き、ニックネーム入りナンバーカードの販売を行う。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top