セイコー、大阪マラソン2015「市民ランナー応援プロジェクト」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

セイコー、大阪マラソン2015「市民ランナー応援プロジェクト」

イベント スポーツ

セイコー、大阪マラソン2015「市民ランナー応援プロジェクト」
  • セイコー、大阪マラソン2015「市民ランナー応援プロジェクト」
  • セイコー、大阪マラソン2015「市民ランナー応援プロジェクト」
  • セイコー、大阪マラソン2015「市民ランナー応援プロジェクト」
  • セイコー、大阪マラソン2015「市民ランナー応援プロジェクト」
セイコーホールディングスは、2015年10月25日(日)に開催される「第5回大阪マラソン」でオフィシャルタイマーを務めるとともに、「市民ランナー応援プロジェクト」を実施する。

「市民ランナー応援プロジェクト」は、ランナーの笑顔や手書きのタイム・メッセージで市民ランナーを応援する企画だ。2012年以降、大阪マラソンと東京マラソンの両大会で実施。大阪マラソン2015では、完走したランナーを速報広告に載せ、多くの人々と完走の感動を共有する。

大会翌日の10月26日(月)から11月1日(日)の7日間は、電車の中づりをジャックする。北大阪急行電鉄(地下鉄御堂筋線直通)7編成の中づりに、ランナー直筆の完走タイムとメッセージ、写真を掲載した広告を掲出。大会当日のセイコーブースで、マラソン完走後のランナーに完走タイムとメッセージをシートへ手書きで記入してもらい、そのシートを広告に使用。写真は、ランナーの達成感あふれる笑顔を撮影して使用する。

10月23日(金)から29日(木)の7日間は、阪急梅田駅とJR大阪駅をつなぐ通路の梅田クランクWALLに広告を2バージョン展開。大会前は「ただの数字じゃない。TIME IS WHAT I AM.」のメッセージ、大会終了後の翌朝には、ランナーの完走タイムとメッセージを記入した中づりと、ランナーの写真を掲載した壁面広告に差し替える。

また、10月23日(金)、24日(土)にインテックス大阪で開催される「大阪マラソンEXPO 2015」に、セイコーブースを出展。数量限定で、大阪マラソン2015の大会公式エンブレムが刻印されたランナーズウオッチや、大会のレースタイムを刻むスポーツタイマーを再現したミニタイマークロックを販売する。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top