サッカー日本代表、2次予選首位通過かけシリアと対戦「決勝のつもりで」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サッカー日本代表、2次予選首位通過かけシリアと対戦「決勝のつもりで」

スポーツ 短信

バヒド・ハリルホジッチ監督 参考画像(2015年3月27日)
  • バヒド・ハリルホジッチ監督 参考画像(2015年3月27日)
  • ハリルホジッチ監督 参考画像(c)Getty Images
  • サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督 参考画像(2015年10月8日)
  • サッカー日本代表、2次予選首位通過かけシリアと対戦「決勝のつもりで」
サッカー日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は3月28日、ロシアワールドカップ(W杯)2次予選、シリア戦の前日会見に出席した。ハリルホジッチ監督は「決勝戦のつもりで戦いたい」と話している。

これが2次予選最後の試合になる日本。首位通過を決めて最終予選へ挑むためにも、「(アジア2次予選)最後の試合で我々にとって決勝戦だと思っています。このグループで1番強いチーム同士の対戦となる。フィナーレは勝利で飾らなければならない」とハリルホジッチ監督は必勝態勢。チームの準備状況には自信も見せた。

「本当に私はうれしかった。10分2本のミニゲームをやったんですが、かなり高いレベルのゲームを見せてくれた。アグレッシブでボールを素速く動かし予測、プレーのスピードとも素晴らしかった」

一方で「ゴールを仕留めるというところでまだ少し修正の余地はある」とも話している。

2015年10月の対戦では3-0で勝利した日本。連勝で首位通過を決められるか。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top