ノバク・ジョコビッチ、世界ランキングでトップ独走…2位に倍近い大差 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ノバク・ジョコビッチ、世界ランキングでトップ独走…2位に倍近い大差

スポーツ 選手

ノバク・ジョコビッチ 参考画像(2016年3月20日)
  • ノバク・ジョコビッチ 参考画像(2016年3月20日)
  • ラファエル・ナダル 参考画像(2016年3月16日)
  • アンディ・マレー 参考画像(2016年1月21日)
  • ロジャー・フェデラー 参考画像(2016年1月26日)
  • ダビド・ゴフィン 参考画像(2016年3月19日)
  • 錦織圭 参考画像(2016年3月16日)
男子プロテニス協会(ATP)は3月21日、最新の世界ランキングを発表した。マスターズ1000大会のBNPパリバ・オープンが終わり、その結果を反映したランキングとなっている。

同大会で自己最高のベスト8進出を果たした錦織圭だが、順位は変わらず4070ポイントで6位となっている。準々決勝で錦織を破ったラファエル・ナダルが、4990ポイントで5位。BNPパリバ・オープンを制し、マスターズ1000での優勝回数をナダルに並ぶ史上最多タイ27回に伸ばしたノバク・ジョコビッチは、16540ポイントで首位の座を守った。

そのほかの選手では、BNPパリバ・オープンで準決勝に進出したダビド・ゴフィンが、前回18位から15位に上昇している。

この結果にテニスファンからは、「ゴフィンは若手の中でも期待できるプレイヤーだから、そのうちトップ10にも入ってくれると思うよ」「ゴフィンがトップ10に入るためには、ATP500大会で優勝しグランドスラムで2週目に残るくらいの活躍がないと苦しいだろう」「1位と2位が倍近く離れてるんだが」「ノバクは孤独なひとり旅だ」などの声が寄せられている。

BNPパリバ・オープンで早期敗退した2位のアンディ・マレーが8370ポイント、ヒザの故障により欠場した3位のロジャー・フェデラーは7695ポイントだったため、ふたりを足してもジョコビッチひとりのほうが獲得ポイントで上回る計算だ。

昨季は四大大会3勝、マスターズ1000大会6勝を成し遂げたジョコビッチ。2016年も一強体制が続くか。

●主な日本人選手のランキングと獲得ポイント
6位 錦織圭 4070ポイント
89位 ダニエル太郎 619ポイント
96位 杉田祐一 580ポイント
120位 伊藤竜馬 485ポイント
123位 添田豪 473ポイント

David Goffin is Mover of the Week, after he reached his first ATP World Tour Masters 1000 semi-final at the BNP Paribas...

ATP World Tourさんの投稿 2016年3月21日
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top