乾貴士が1アシスト、エイバルは敵地で引き分け | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

乾貴士が1アシスト、エイバルは敵地で引き分け

スポーツ 短信

乾貴士 参考画像(2015年11月29日)
  • 乾貴士 参考画像(2015年11月29日)
3月18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第30節、乾貴士の所属するエイバルは敵地でヘタフェと対戦し1-1で引き分けた。乾は先発でフル出場している。

前半7分に先制を許し劣勢に立たされたエイバル。だが乾は積極的にドリブルで仕掛け、左サイドからクロスでチャンスを演出した。その姿勢が報われたのは敗色濃厚となった後半42分、エリア内左でボールを持った乾からクロスが上がり、値千金の同点ゴールが生まれる。

このまま試合は終了し、敵地で勝ち点1を獲得したエイバル。試合後に乾はツイッターを更新し、「どうにか勝ち点取れました。でも、勝ちたかった!次は勝てるように頑張ります!」と次節、7試合ぶりの勝利に意気込んだ。

この試合にファンからは、「ナイスアシスト!ポストに直撃したシュートも惜しかった」「アシストおめでとうございます」「日本人選手が鬼門のリーガですが、乾選手が活躍し撃ち破ってくれるのを期待してます!応援してます!」「今までのリーガの日本人プレーヤーで1番期待度が高いです!さらなる活躍を期待してます!」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top