オリックス・金子千尋、裏方スタッフの仕事に感謝「さすがだと思った!」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オリックス・金子千尋、裏方スタッフの仕事に感謝「さすがだと思った!」

スポーツ 選手

金子千尋 参考画像(2014年11月14日)
  • 金子千尋 参考画像(2014年11月14日)
  • 金子千尋(オリックス・バファローズ)のツイッターより
オリックス・バファローズの金子千尋が3月18日、ツイッターを更新。プロ野球を陰で支える裏方スタッフの仕事ぶりを称え、感謝の言葉を書き込んでいる。

金子は今季、ホーム球場である京セラドームのピッチャープレートの位置を2~3cm移動させていた。しかし、グラウンド整備を担うグランドキーパーのスタッフは、わずかな距離の移動に気付いたそうだ。

「さすがだと思った!」と裏方スタッフのプロフェッショナルな仕事ぶりに金子は脱帽。「いつもありがとうございますm(__)m」と感謝の言葉を続けている。

スポーツ選手が最高のパフォーマンスをできるよう、土や芝生の手入れを行うグランドキーパー。野球では土をならす器具トンボを使用してグラウンド整備をする姿を目にすることが多いだろう。わずかな土の凸凹が試合の行方を左右することもあり、競技を支える重要な職業だ。

ファンからは、「素晴らしい!」「お互いにプロフェッショナルですね!」「2、3cmの違いに気づくのはプロですね!」「スゴい!愛情を持った仕事でのやり取りですね!」などのコメントが寄せられていた。

《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top