世界一魔性を秘めたビール、ベルギー友好150周年記念の「シュフ・ソレイユ150」を製造 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

世界一魔性を秘めたビール、ベルギー友好150周年記念の「シュフ・ソレイユ150」を製造

新着 飲食

世界一魔性を秘めたビール、ベルギー友好150周年記念の「シュフ・ソレイユ150」を製造
  • 世界一魔性を秘めたビール、ベルギー友好150周年記念の「シュフ・ソレイユ150」を製造
  • 世界一魔性を秘めたビール、ベルギー友好150周年記念の「シュフ・ソレイユ150」を製造
  • 世界中で賞賛されるゴールデンエールの最高峰デュベル
  • ユニークなスピリットをもつ「ヴェデット」
  • 女性に愛されるフルーツビール「リーフマンス」
  • 世界一魔性を秘めたビール、ベルギー友好150周年記念の「シュフ・ソレイユ150」を製造
  • 世界一魔性を秘めたビール、ベルギー友好150周年記念の「シュフ・ソレイユ150」を製造
ベルギーを代表するビール醸造所デュベル・モルトガット社の「デュベル」「ヴェデット」「リーフマンス」といった主力ビールを輸入する兵庫県伊丹市の小西酒造は、日本とベルギーの友好関係150周年を記念した特別なビール「シュフ・ソレイユ150」を輸入販売する。

2016年は日本・ベルギー友好150周年で、日本側では天皇陛下が名誉総裁を務める。ビール王国ベルギーでもそれを記念して、デュベル・モルトガット社と小西酒造がコラボレーションした「150周年記念ビール」をリリースした。すっきり晴れた日には、「太陽(ソレイユ)」のビールで乾杯しようというコンセプトだ。

世界中で賞賛されるゴールデンエールの最高峰デュベルは「世界一魔性を秘めたビール」と称される。デュベルは"悪魔"という意味だ。1918年以来、独自の酵母を用いたオリジナルなレシピが現在も守られ、2カ月にわたる長い熟成と瓶内2次発酵がその繊細な香り と絶妙な苦味を生み出す。

ユニークなスピリットをもつ「ヴェデット」はエクストラ ブロンドに注目。エクストラ ホワイトの兄的な存在で、口当たりはさわやかで少し個性的。原材料に米を使用しているため、ドライでクリスピーな味わいだ。このビールのプロモーションメッセージは「ただ自分らしく、ヴェデットを飲もう!」だ。

女性に愛されるフルーツビール「リーフマンス」は、チェリーをベースに18カ月間熟成させた後、ストロベリー、ラズベリー、チェリー、ブルーべリー、エルダーベリーのフレッシュジュースをブレンドして造られたとてもユニークでフレッシュな味わいのフルーツビール。

甘くはじける新鮮さと、きめ細やかな泡立ちが特徴。ベルギービールとしての新しい飲み方「リーフマンス・オン・ザ・ロック」もいい。
《山口和幸》

編集部おすすめの記事

page top