なでしこジャパン、佐々木則夫監督が退任 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

なでしこジャパン、佐々木則夫監督が退任

スポーツ 短信

サッカー女子日本代表の佐々木則夫監督 参考画像(2016年2月29日)
  • サッカー女子日本代表の佐々木則夫監督 参考画像(2016年2月29日)
日本サッカー協会は3月11日、女子サッカー日本代表(なでしこジャパン)の佐々木則夫監督の退任を正式に発表した。リオ五輪予選で3位に終わり、連続出場が途切れた責任を取って退く形となった。

佐々木監督は2008年から女子日本代表監督に就任。ワールドカップ(W杯)では2011年ドイツ大会で日本を初優勝に導き、2015年カナダ大会でも準優勝した。2012年ロンドン五輪でも銀メダルを獲得している。

なでしこジャパン監督としての通算成績は125戦して80勝16分け29敗。

佐々木監督の退任にサッカーファンからは、「佐々木監督退任はさみしい」「本当にお疲れ様でした。素晴らしい戦いを見せていただき感謝、感謝です」「W杯優勝したときは本当に感動した。お疲れ様でした」「お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。W杯優勝は、色んな意味で勇気づけられました」「輝かしい歴史をのこして去るのは残念ですが新体制のもとでもう一度ワールドカップ優勝の夢をみたい。応援します」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top