相鉄線がブランドアッププロジェクト…JRや東横線と直通運転も予定 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

相鉄線がブランドアッププロジェクト…JRや東横線と直通運転も予定

ライフ 社会

相鉄線のリニューアル車両&新制服記者発表会(2016年3月10日)
  • 相鉄線のリニューアル車両&新制服記者発表会(2016年3月10日)
  • 相鉄線のリニューアル車両&新制服記者発表会(2016年3月10日)
  • ソデの1本ラインは一般の駅員だという
  • 相鉄線のリニューアル車両&新制服記者発表会(2016年3月10日)
  • 相鉄線のリニューアル車両&新制服記者発表会(2016年3月10日)
  • 相鉄線のリニューアル車両&新制服記者発表会(2016年3月10日)
  • 相鉄線のリニューアル車両&新制服記者発表会(2016年3月10日)
  • 相鉄線のリニューアル車両&新制服記者発表会(2016年3月10日)
JRや東横線との相互直通運転でさらに便利になる相模鉄道は、相鉄グループ100周年と合わせてリニューアルを実施。空間プロデューサーや「くまモン」の生みの親が総合監修を担当する。

相鉄グループのブランドイメージと認知度向上を図る「デザインブランドアッププロジェクト」。利用者との最大の接点となる鉄道の駅舎や車両、駅に隣接する商業施設などを統一されたデザインコンセプトに基づきリニューアルを進め、認知度や好感度を高めることで「選ばれる沿線」を実現する取り組みだ。

デザインの総合監修を「くまモン」を手がけたクリエイティブディレクターの水野学氏と空間プロデューサーの洪恒夫氏に依頼。「これまでの100年を礎に、これからの100年を創る」などをコンセプトに、目先のトレンドに左右されない「古くならない、醸成するデザイン」と「普遍的な色・素材」を採用した。

相鉄線は今後飛躍的に利便性が高まることから大きく期待されている路線だ。JR直通線(2018年度開業予定)は、相鉄線西谷駅とJR東海道貨物線横浜羽沢駅付近間に連絡線を新設し、この連絡線を利用して相鉄線とJR線が相互直通運転を行う。

東急直通線(2019年開業予定)は、JR東海道貨物線横浜羽沢駅付近と東急東横線・目黒線日吉駅間に連絡線を新設し、この連絡線を利用して相鉄線と東急線が相互直通運転に。

横浜市西部および神奈川県央部と東京都心部とを直結する新たな路線の開業により、広域鉄道ネットワークの形成と機能の高度化がなされ、所要時分の短縮や乗換回数の減少など、鉄道の利便性向上が図られるとともに、地域の活性化に寄与するとされる。新幹線へのアクセスの向上や相鉄線沿線等のさらなる発展にも貢献する。
《山口和幸》

編集部おすすめの記事

page top