数字で見る東京マラソン2016…途方もない規模感 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

数字で見る東京マラソン2016…途方もない規模感

イベント スポーツ

東京マラソン2016
  • 東京マラソン2016
  • 東京マラソン2016
  • 東京マラソン2016
  • 東京マラソン2016
  • 東京マラソン2016
2月28日、東京マラソン2016が開催した。すさまじい規模のイベントである。その規模感をなるべく具体的に感じるべく、東京マラソン2016に関する数字を追ってみた。

スポンサー企業から提供されている商品も数多く存在する。

スポーツドリンク 約520,000杯分(大塚製薬)
水(クリスタルガイザー) 約432,000杯分(大塚製薬)
紙コップ 約884,000個分
バナナ 約62,000個分(ドール)
ランチパック 約37,500個分(山崎製パン)
一口アンパン 約15,000個分
一口チョコパン 約13,000個分
トマト 約70,000個分(カゴメ)
ブドウ糖 約27,000粒
梅干 約24,000個分
チョコレート 約40,000粒
カロリーメイト 約43,000本(大塚製薬)
みかん 約37,000個(築地市場協会・淀橋市場協会)
塩飴 約22,000個

仮設トイレ 64箇所892基
特設スタンド 936基
足湯 8台(128人程度利用可能)(スターツ)

救護所 16箇所
AED 78台
BLS隊 37隊、74人
BLSサポート隊 27隊、69人
モバイル隊(コース上を自転車で走行するAED対応のメディカルスタッフ)24隊、48人
ドクター 医師53人、看護師85人、トレーナー78人、ランドクター350人
救護車 32台

交通規制 銀座5時間35分、浅草4時間45分、有明6時間20分、交通規制チラシ約298万枚、ポスター約3万枚、ラジオ告知840回

ボランティア参加者数 11469人
警備員 約6000人
金属探知器数 70台
《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top