人生もフェア、清原和博容疑者・PL学園野球部に思うこと…野村弘樹フェアプレー考 #5 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

人生もフェア、清原和博容疑者・PL学園野球部に思うこと…野村弘樹フェアプレー考 #5

新着 製品/用品

國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 「フェアプレイスクール」が行われた國學院大學久我山中学高等学校(東京都杉並区久我山)
  • 「フェアプレイスクール」が行われた國學院大學久我山中学高等学校(東京都杉並区久我山)
高校時代はPL学園、プロ入り後は大洋、横浜で活躍した野村弘樹氏が、東京・国学院久我山高校に講師として登壇。PL学園時代をともに過ごした清原和博容疑者や、同校野球部の休部についても語った。

「あらためてフェアプレーを考える機会をくれた。自分のなかで『何がフェアで、何がアンフェアか』と改めて実感した。フェアプレーって結果論で、それを貫くためにはどうすればいいかということも一緒に考えることができた。"結果"は必要だと思うけど、結果にとらわれず、やってきた成果をもっと見つめてほしい。そのなかにルールがあって、互いにリスペクトしあって成長してほしい」

このフェアプレー考は、スポーツだけではなく、暮らしや人生においてもベースにあると野村氏。高校時代の先輩、清原和博容疑者についても言及した。

「スポーツだけじゃなく人生でもフェアでなくてはならない。どこにでもそこには"ルール"がある。善悪の判断のなかで、清原さんがこういうことになって、プロ野球という人気のあるスポーツのなかでフェアな判断ができなかったのは残念」

また野村氏は、甲子園春夏連覇を成し遂げた1987年のPL学園時代を思い返しながら、今夏で野球部が休部になってしまうことについて、こう語った。

「まだ最後の部員たちが残っている。彼らには全力で戦ってもらって、ひとつでも勝ってもらいたい。少しでも長い間ユニフォームを着ていてもらいたい。野球部が復活するチャンスもまだあると思うし、復活に向けた協力は、今後もしていきたい。まずは、いま所属している生徒たちに『がんばって』とエールを送りたい」

この日、1時間ほど生徒たちと笑いを交えながら議論した野村氏。去り際に「こういう企画に参加させてもらい、これからいい気持ちで取り組める。子どもたちは表情がいきいきしていて、楽しく討論ができた。教室に入るときは緊張した。職員室を通るときも緊張したね」と話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめの記事

page top