ソフトバンク・松坂、実戦登板は3月の見通し | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・松坂、実戦登板は3月の見通し

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ソフトバンクの工藤公康監督は2月22日、松坂大輔投手の実戦登板について「3月頃になる」との見通しを語った。

自主トレーニングやキャンプでのブルぺン投球、打撃投手と、ここまで順調な仕上がりを見せる松坂。それでも工藤監督は「まだまだ万全ではない」と、2月のキャンプ中での実戦登板は回避する意向を示した。

昨年はオープン戦での登板で右肩に違和感を覚え、そのまま1年を棒にふった。工藤監督としては焦らずに調整させていく構えだ。

これに対してファンからは、「確かにそれがいいかも。松坂は投げるのを我慢するほど調子いいとか言っているけど、工藤監督としてはまだまだなんだろう」「さすがに今年こそは、公式戦でマウンドに立つ松坂を見たいからね。無理しないでくれ」「開幕に間に合わなくてもいいと思うし、シーズン途中からの復帰でも問題ない」などさまざまな声が寄せられていた。

松坂はリハビリ組中心のB組で今後も調整していく予定となっている。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top