ロッテ・涌井秀章、押切もえとの交際宣言後に205球の熱投 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテ・涌井秀章、押切もえとの交際宣言後に205球の熱投

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ロッテの涌井秀章投手が2月18日、ブルペンでキャンプ最多となる205球を投げ込んだ。

涌井は17日、モデル・押切もえとの交際を宣言。全国に熱い話題を振りまいた直後の熱投となった。2015年は前半戦は6勝ながら、後半戦に9勝を挙げる大活躍を見せ、チームにクライマックスシリーズ出場に貢献した上、日本ハム・大谷翔平投手と並び最多勝を獲得。長い低迷期間を脱して完全復活を印象づけていた。

この日は、開幕戦の相手となる日本ハムの各打者を想定しての力投。キレのある直球をコーナーに投げ分け、順調な仕上がりをアピールした。

これに対して、「涌井は早く結婚して落ち着いて、野球に専念できる環境を作ってほしい。そうすればもっと活躍できる!」「開幕戦での完封劇を期待している」「今年も最多勝を狙ってほしい。今のところ順調みたいだけど、後はケガをしなければいいね」など、ファンからの声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top