プラティニ副会長、FIFA上訴委員会に潔白を主張 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

プラティニ副会長、FIFA上訴委員会に潔白を主張

スポーツ 短信

ミシェル・プラティニ 参考画像(2015年8月27日)
  • ミシェル・プラティニ 参考画像(2015年8月27日)
国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター会長との間に、不透明な金銭の授受があったとして活動停止処分中の、ミシェル・プラティニ副会長。渦中の人となった往年の名選手は、2月15日にFIFA上訴委員会の聴聞会に出席した。

FIFAはブラッター会長とプラティニ副会長に8年間の活動停止処分を科したが、両氏は異議申し立てを行っていた。取材陣に囲まれたプラティニ副会長は、「我々には目撃者がいる。これからやってくる」と話したほか、「私は何もしていないし、何も恐れてはいない」と潔白を主張した。

当初プラティニ副会長は、2月に行われるFIFA次期会長選への出馬を検討していたが1月に断念。「今は会長選より、何者かに歪められた事実無根の疑惑と戦うことに集中したい」と話していた。

欧州サッカー連盟(UEFA)会長でもあるプラティニ副会長は、このままなら6月に開幕する欧州選手権(EURO2016)の開催に携わることもできない。できる限り早くUEFAの事務所に戻りたいと話すプラティニ副会長。FIFA上訴委員会の結論は今週にも出る見込み。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top