ローラン・ブラン監督、パリ・サンジェルマンと契約延長「双方が望んだ」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ローラン・ブラン監督、パリ・サンジェルマンと契約延長「双方が望んだ」

スポーツ 短信

ローラン・ブラン 参考画像(c)Getty Images
  • ローラン・ブラン 参考画像(c)Getty Images
パリ・サンジェルマンは2月11日、ローラン・ブラン監督との契約延長を発表した。両者は2018年までの契約で合意。ブラン監督は「双方が望んだ結果」としている。

一時は退任の可能性も伝えられていたブラン監督。だが16日から始まるUEFAチャンピオンズリーグを前に、クラブは契約延長を発表した。

ブラン監督は会見を開き、「クラブが示してくれた信頼に感謝する」と話した。

「いくつかのことを明確にしたい。クラブとは1ヶ月半前から話をしていた。クラブから期限は一切設けられなかった。話をしたのは双方が望んでいたからだ。チェルシー戦の前なのか後なのかは問題ではない」

ナーセル・アル=ヘライフィー会長は、ブラン監督の続投について「簡単な決断だった」と述べている。

「ブラン監督が引き続きクラブを率いることになって非常にうれしく、誇らしく思っている。彼は3年間で数々のタイトルを獲得し、新記録も作った。チームは良くなっている」

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top