オリックス・金子千尋、ブルペンで78球「良くなかった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オリックス・金子千尋、ブルペンで78球「良くなかった」

スポーツ 短信

金子千尋選手 参考画像(2014年11月14日)
  • 金子千尋選手 参考画像(2014年11月14日)
オリックスの金子千尋投手が2月12日、宮崎・清武キャンプでブルペン入り。キャンプ最多となる78球を投じた。

このキャンプで3度目のブルペン。2度目のブルペンでもしっくりこないと浮かない表情だったが、この日の投球を終えた後も「良くなかった」と自身の仕上がりに不満のある様子だった。直球に交えて、得意のチェンジアップも何球が投じるなど変化球も試したが、まだまだ本調子とはいかないようだ。金子は「これからどう改善していくかが大事」と前向きに語った。

これに対して、「金子の完全復活が、そのままオリックスの順位に反映されると思うから、頑張ってほしい」「昨年は手術明けで出遅れたし、一年を通じて金子らしくなかった。今年は無双の投球をまた見せてほしい」「間違いなく日本を代表する投手。侍ジャパンにも戻ってもらいたい」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。

昨年はチームが不振にあえぎ、金子自身も苦しんだ。今年オリックスが巻き返すためには、金子の復調が鍵を握っている。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top