西武・秋山翔吾、シート打撃で今季初安打「結果が出て良かった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武・秋山翔吾、シート打撃で今季初安打「結果が出て良かった」

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
西武の秋山翔吾外野手が2月9日、シート打撃で今季初となる安打を放った。

昨季、プロ野球記録となるシーズン216安打を放った男が、快音を響かせた。シート打撃で岡本洋投手から三塁打を放つと、その後も中前打を放ちマルチ安打。

秋山は「結果が出て良かった」と明るい表情で語った。早いカウントからの積極的な打撃に一定の満足感を示していた。

これに対してファンからは、「秋山は自己の記録を今年、塗り替えてほしい」「200安打を2回達成したのは青木だけだし、秋山にも達成してほしい」「昨年は14本塁打。意外と一発もあるんだよね。20本塁打目指してほしい。あとは去年逃した首位打者も狙ってもらいたい」などさらなる活躍に期待する声が多く寄せられていた。

昨年は惜しくもBクラスとなった西武。強力打線の切り込み隊長は今年も健在ぶりをアピールしている。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top