岡崎慎司所属レスターのラニエリ監督、シティ戦は攻撃的な展開を予想 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

岡崎慎司所属レスターのラニエリ監督、シティ戦は攻撃的な展開を予想

スポーツ 短信

レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督  参考画像(2016年1月10日)
  • レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督  参考画像(2016年1月10日)
  • 岡崎慎司 参考画像(2016年2月2日)
  • レスター・シティ対リバプール(2016年2月2日)
日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは2月6日、敵地でマンチェスター・シティと対戦する。首位のレスターと、勝ち点3差で追いかけるシティの直接対決は、優勝争いの行方を占う注目の一戦。

この試合を前に行われた会見で、レスターのクラウディオ・ラニエリ監督は記者からの、「敵地でのシティ戦は今シーズン最大の挑戦か」という質問に答えている。

「我々にとってすべての試合が大きな挑戦だ。いつも言っているように対戦相手が誰かは重要ではない。目の前の相手と戦わなくてはならない」

もし敗れればレスターは勝ち点で並ばれ、得失点差で首位を明け渡すことになる。シティは今シーズン、ホームでの勝ち点数がリーグトップ。激戦必至の戦いをラニエリ監督は、「攻撃的な試合になるだろうね」と予想した。

「なぜなら相手は勝って我々に並びたいだろうし、我々は勝って突き放したいからね。お互いに攻め合った結果、引き分けに終わるかもしれない。サッカーは何が起こるか分からないからね」

優勝争いを続けるチームで岡崎にかかる期待は増している。クロアチア代表FWアンドレイ・クラマリッチが、1月の移籍市場でドイツのホッフェンハイムへ期限付き移籍。好調なチームで出場機会を得られなかったクラマリッチは、EURO2016を良いコンディションで迎えるため決断した。

その穴を埋めるような補強がなかったレスターは、岡崎とジェイミー・ヴァーディ、レオナルド・ウジョアの3人で前線を考えなければならない。今シーズン4得点の岡崎には、さらなるゴールラッシュが求められる。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top