松井秀喜、臨時コーチで「原タワー」から視察 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

松井秀喜、臨時コーチで「原タワー」から視察

スポーツ 短信

松井秀喜 参考画像(2015年10月17日)
  • 松井秀喜 参考画像(2015年10月17日)
巨人の宮崎キャンプに臨時コーチとして参加している松井秀喜氏が2月4日、「原タワー」からロングティーを視察した。

原タワーとは、原辰徳前巨人監督が愛用した高さ約2メートルの監視塔だ。ロングティーが始まると松井臨時コーチはおもむろにタワーに登り、高橋由伸監督らと談笑しながら練習に熱い視線を送った。

しかし、この原タワーに高橋監督がまだ登っていないことを知らされると、「そうなの?じゃあ、乗ってないことにしておいて」とおどけていた。

これに対して、「ほのぼのした光景が伝わってくるよね。松井と高橋は仲が良いし、松井臨時コーチも楽しそうだね」「松井も臨時じゃなくてコーチに就任してほしいな。同期の村田もバッテリーコーチしているし、いい首脳陣になると思うんだけどな」「松井の人柄が出ててナイスだね!」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。

松井臨時コーチは約2週間にわたってキャンプ地に滞在し、1軍や2軍のキャンプを巡回する。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top