ロジャー・フェデラー、全豪決勝かけてジョコビッチと対戦 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロジャー・フェデラー、全豪決勝かけてジョコビッチと対戦

スポーツ 短信
ロジャー・フェデラー 参考画像(2016年1月26日)
  • ロジャー・フェデラー 参考画像(2016年1月26日)
  • ロジャー・フェデラー 参考画像(2016年1月26日)
  • ノバク・ジョコビッチ 参考画像(2016年1月26日)
テニスの全豪オープンは1月26日、男子シングルス準々決勝が行われた。世界ランク3位で第3シードのロジャー・フェデラーは、同6位で第6シードのトマーシュ・ベルディヒと対戦。7-6、6-2、6-4のストレート勝ちで準決勝へ駒を進めた。

昨年の全豪ではアンドレアス・セッピに敗れ、14年ぶりの3回戦敗退も味わったフェデラー。今年は3回戦のディミトール・グリゴロフ戦で1セット落とした以外は、相手を寄せつけず勝ち上がってきた。

この試合でも若さとパワーで勝るベルディヒに対し、速い攻めと多彩なショットで主導権をつかませない。2時間16分で完勝し、全豪では12度目のベスト4入りを決めた。

大会通算5度目の優勝を目指すフェデラーにファンからは、「フェデラー優勝してくれ」「今回も元気にストレート勝ち。強すぎ」「この人を見てるとピークとは何ぞやと思う。ピーク過ぎた、ピーク過ぎた言われてこれだから」など34歳のテニスとは思えないという声が多い。

また、同日のナイトセッションでノバク・ジョコビッチが錦織圭を破り、準決勝進出を決めたことに「フェデラー対ジョコビッチ、通算22勝22敗とか激アツ」「歳の差はあれど、ふたりは最高のライバル関係になりつつある。お互いにリスペクトしあっているのもよく伝わってくる」と、ファンは45度目の対戦を楽しみにしている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top