小林可夢偉、アスリートと脊髄損傷の関係性について「身近な問題」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

小林可夢偉、アスリートと脊髄損傷の関係性について「身近な問題」

スポーツ 選手
レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
レッドブルが全世界で行っているランニングイベント「Wings For Life World Run」の
アンバサダーに就任したレーシング・ドライバーの小林可夢偉選手。脊髄損傷治療について、アスリートの視点から語った。

「僕たちアスリートからしても脊髄損傷の話は身近です。僕の先輩にも練習中に脊髄を損傷していまでも車いすで生活している人がいます。身近な問題だからこそ、何か力になれることを探して、1日でも早く脊髄損傷の問題を解決できる何かが見つかることを願っています」

また、Wings For Life World Runについて、一般の参加を呼びかけた。

「イベント自体が、車いすの人でも誰でも参加することができる。みんながイベントに参加することで笑顔になる。これが一番大事だと思います。結果的に1日でも早い医療の発達につながることができるのも、イベントの画期的な部分だと思いますし、意味のあることだと思います」

「まだまだマラソンは辛いというイメージがありますが、もうちょっと、もうちょっと走ろう、という気持ちになる点でキャッチャーが追いかけてくるという制度も面白いし。多くの人に参加してほしいと思っています」
《大日方航》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top