ドール、東京マラソンで「低糖度バナナ」をランナーに提供 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ドール、東京マラソンで「低糖度バナナ」をランナーに提供

イベント スポーツ
ドール、東京マラソン2016公認「低糖度バナナ」をランナーに提供
  • ドール、東京マラソン2016公認「低糖度バナナ」をランナーに提供
  • ドール、東京マラソン2016公認「低糖度バナナ」をランナーに提供
  • ドール、東京マラソン2016公認「低糖度バナナ」をランナーに提供
  • ドール、東京マラソン2016公認「低糖度バナナ」をランナーに提供
ドールは、2月15日より販売する「低糖度バナナ」を、東京マラソン2016の公認バナナとして参加ランナーに6万2000本提供する。

低糖度バナナは、さっぱりとして甘すぎない味わいが特長のバナナだ。低地で栽培すると水分が多く、でんぷん質が少なくなるため、糖度が低く抑えられる。高地栽培のバナナと比較すると、低地で栽培した低糖度バナナは約13%程度糖度が低い。

低糖度バナナのさっぱりとして甘すぎない味わいは、マラソンなどのスポーツシーンにも向いている。同社がスポーツ分野で入賞経験のある800名のアスリートに対して行った「運動する際に重視する食べ物や飲み物の味覚について調査」では、約5割のアスリートがスポーツの勝敗や記録の向上のために"甘い味"より"さっぱりした味"の食べ物や飲み物を求めていることがわかった。

また、約4割のアスリートがスポーツ時に果物を摂取。食べやすい、後味が残らないからなどの理由から、アスリートはスポーツ前、スポーツ時は「さっぱりとして甘すぎない」バナナを選ぶ傾向があるため、「低糖度バナナ」の販売を行う。

ドールは、協賛する東京マラソン2016公認のバナナとして大会当日の2月28日、参加ランナーを対象に低糖度バナナを提供し、応援する。低糖度バナナは1袋(550g以上)198円、2本入りが128円(各税込み)。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top