医療用ウェアラブルチェア、ニットーなどが開発 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

医療用ウェアラブルチェア、ニットーなどが開発

新着 製品/用品
「archelis(アルケリス)」外観(製品サイトより)
  • 「archelis(アルケリス)」外観(製品サイトより)
  • 「archelis(アルケリス)」利用イメージ(製品サイトより)
 ニットー、千葉大学フロンティア医工学センター、西村拓紀デザイン、日本高分子技研は13日、医療用ウェアラブルチェア「archelis(アルケリス)」を共同開発したことを発表した。2016年夏頃の製品化を目指している。

 「archelis(アルケリス)」は、医療スタッフの補助を想定して開発された製品。長時間に及ぶ手術での姿勢保持などが可能な一方、歩く・座るという動作も繰り返し可能。片足ずつ独立したセパレート構造を採用しており、姿勢に合わせて自由なスタンスをとることができる。

 パワーアシストスーツ等と異なり、下肢の姿勢保持のみに特化しており、膝および足首の角度固定と、スネと大腿部の広い面積のサポートで体重を支えることで、術中の筋肉疲労を軽減し、医療スタッフのパフォーマンスの安定が見込めるという。

 ニットーが企画・制作・製造、千葉大学フロンティア医工学センターが監修、西村拓紀デザインがデザインを行った。日本高分子技研から販売される予定。

椅子が“ウェアラブル”に!? ニットーらが共同開発

《冨岡晶@RBBTODAY》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top