ヤクルト・真中満監督、出身地から表彰「凱旋試合をやりたい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤクルト・真中満監督、出身地から表彰「凱旋試合をやりたい」

新着 製品/用品

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ヤクルトの真中満監督は12月28日、出身地の栃木県大田原市が新しく定めた「スポーツ功労大賞」に選出され、表彰式に出席した。

今季は14年ぶりのリーグ優勝を果たしたことで、同市の津久井市長からは「市民に夢と感動を与えてくれた」と感謝の言葉を受けた。真中監督は「凱旋試合をやりたい」と地元へのさらなる貢献に意欲を見せるとともに、同市に巨人ファンが多いことにも言及。「巨人ファンをヤクルトファンに寝返らせたい。そういう活躍ができればいい」と語った。

これを受けて、「優勝すると、オフシーズンもいろいろなイベントがあって指揮官も大変だな」「来年も優勝したら、ヤクルトの強さも本物ということ。今年は正直、どこが優勝してもおかしくない混戦だった」「栃木は巨人ファンが多いからな。真中監督の意気込みに期待しよう」など、ファンからはさまざまな声が挙がっていた。

帰省中の地元で英気を養った真中監督。指揮官として2年目を迎える来季は、リーグ2連覇、そして今季逃した悲願の日本一を目指す。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top