高橋由伸、最後の打席?ヤナセ・ジャイアンツMVP賞獲得「いい采配をしたら、また…」【動画】 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

高橋由伸、最後の打席?ヤナセ・ジャイアンツMVP賞獲得「いい采配をしたら、また…」【動画】

スポーツ 選手
ヤナセ・ジャイアンツMVP賞の贈呈式、高橋由伸新監督が受賞(2015年12月3日)
  • ヤナセ・ジャイアンツMVP賞の贈呈式、高橋由伸新監督が受賞(2015年12月3日)
  • ヤナセ・ジャイアンツMVP賞の贈呈式、高橋由伸新監督が受賞(2015年12月3日)
  • ヤナセ・ジャイアンツMVP賞の贈呈式、高橋由伸新監督が受賞(2015年12月3日)
  • ヤナセ・ジャイアンツMVP賞の贈呈式、高橋由伸新監督が受賞(2015年12月3日)
  • ヤナセ・ジャイアンツMVP賞の贈呈式、高橋由伸新監督が受賞(2015年12月3日)
  • ヤナセ・ジャイアンツMVP賞の贈呈式、高橋由伸新監督が受賞(2015年12月3日)
  • ヤナセ・ジャイアンツMVP賞の贈呈式、高橋由伸新監督が受賞(2015年12月3日)
  • ヤナセ・ジャイアンツMVP賞の贈呈式、高橋由伸新監督が受賞(2015年12月3日)
ヤナセ・ジャイアンツMVP賞の贈呈式が12月3日に東京都内で行われ、2015年受賞者に選出された高橋由伸新監督が登壇。授賞式で同社恒例行事となった"無茶ぶり企画"に応じた高橋監督は、会場に設置された"現役最後のバッターボックス"に立った。

ヤナセ・ジャイアンツMVP賞は、読売巨人軍がレギュラーシーズン3位以上のチーム成績を収めた場合に限り、最も貢献した選手にヤナセ取り扱い車を贈るもので今回で28回目となる。

1985年の第1回はウォーレン・クロマティ選手、1988年は原辰徳選手、1994年は桑田真澄選手などが受賞。松井秀喜選手は1996・1998・2000・2001年と4度受賞した。高橋監督は、選手時代の2003年にも受賞しており12年ぶり2度目となる。

高橋監督を選出した理由を、「代打では、打率.395、出塁率.489を残し、勝負強さを発揮。シーズンでは規定打席未満(出場77試合)ながら打率.278、本塁打5、長打率.429、出塁率.386という成績で、チームに欠かせない戦力として大きく貢献した」とヤナセ。選出は同社と読売巨人軍が行った。

メルセデス・ベンツ『C180』のキーを手にした高橋監督は、「正直、現役を終える前に、もう一回(この賞を)獲れるだろうと思っていた。エースとして戦っている選手がいただける賞かと思いここ数年はあきらめていたが、代打の成績を評価してもらってうれしい」とコメント。

「(監督となって)この賞をいただく権利がなくなり残念だが、今後もし監督もいい采配をしたら、また賞をいただきたい(笑)。これからはいい選手をいっぱい作って、ヤナセがMVPを選出するのが困ってしまうほどのいいチームを作っていきたい」

贈呈式の最後は、ヤナセ社長の井出健義氏がボールを投げ、受賞者がそれを打ち返す「恒例の無茶ぶり企画」を披露。井出社長が投げたインコースのボールを、巨人新監督は3塁方向へ転がした。

《大野雅人》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top